デトランスαの手汗用って詳しく調べると手汗に効果がない・効かないと言ったブログがいくつも表示されます。ですので今回はデトランスα手汗用は本当に効果ないのかまた体験者のリアルな口コミや使い方などを徹底調査してみました!

デトランスα手汗用は効果ない⁉使い方や口コミの真実とは

未分類

デトランスα手足用の効果の仕組みとは?分かりやすく解説!

投稿日:

デトランスαは脇汗やワキガ対策用の制汗剤として有名ですが、
手や足に使うことができる手足用もあります。

デトランスα手足用は、わきあせ用と同様に手汗や足汗が収まると評判の制汗剤ですが、
正直どういう仕組みで汗が止まっているのか?どのような効果があるのか気になっている方もいらっしゃると思います。

ですので今回はデトランスα手足用の効果の仕組みについてご紹介します。

そもそも汗を止めてくれる成分とは?

デトランスα手足用の仕組みを紹介する上で重要な成分が一つあります。
それは塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)という成分です。

この塩化アルミニウムという成分は何なのかというと金属系の成分で、
クリニックなどで多汗症用の治療に実際に使われている制汗成分です。

この成分はデトランスα手汗用の効果の重要なキーポイントになっています。

デトランスα手足用の仕組み

デトランスα手足用を塗るとその中に含まれている塩化アルミニウムが、
汗腺に浸透していきます。

すると塩化アルミニウムが汗腺に含まれている水分と反応して、汗腺にふたを作ります。

その結果そのふたが汗を止める役割を果たして、汗を止めるというメカニズムです。

このふたは体に残るのか心配になりますが、体の代謝によって尿として自然と排出されるようになっています。

ただしそれによって副作用が・・・

実はこの塩化アルミニウムは水と反応した時汗を止めるふたを作ってくれる働きがありますが、
そのとき同時に酸も生み出してしまうというデメリットがあります。

口コミなどで知られている肌荒れやかゆみといった副作用はこの酸によって引き起こされるものです。

ですのでこの塩化アルミニウムという成分の扱いは注意する必要があります。

使い方が重要

デトランスα手足用にはこの塩化アルミニウムという成分が日本でもトップクラスに含まれているので、
制汗効果はとても強力です。

その分肌が乾燥してしまうなどと言った副作用もありますが、
使い方に注意すれば、手汗や足汗に悩む人の強い味方になってくれます。

デトランスα手足用の使い方に関してはこちらで詳しく紹介してあります。

 

デトランスα手汗への使い方とは?分かりやすく紹介!

 

-未分類

Copyright© デトランスα手汗用は効果ない⁉使い方や口コミの真実とは , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.