デトランスα手汗用の成分って?塩化アルミニウムに注意!?

 
デトランスαの手汗用は多くの手掌多汗症の人から手汗が前より良くなった、ピッタリと止まるようになったと評判の制汗剤ですが、実際のところかゆみや肌荒れがあるという口コミもあります
 
ですのでデトランスαには安全な成分が入っているのではないか心配になりますよね。
成分と原材料について全て調べてみたので参考にしてみてください。
 
 

デトランスa手汗用の全成分

 
・アルコールデナ
エタノールのことで、角栓を汗腺内の方まで運送する効果があります。成分を安定させ、緩和させで皮膚へのストレスを抑制します。薬くさい・アルコール臭が見られるのはこの成分に影響されてのものです。
 
 ・アルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)
アルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)は、制汗剤にも含まれていますが、
クリニックでの多汗症治療にも採用されています。
、痒みや炎症・がもたらされるために、日本に於いては配合割合13%に指定されています。
デトランスαは25%の高い濃度ですから、効き目は大きいものの副反応も発生しやすいのです。
 
・PEG-12ジメチコン 食品や化粧品に含まれている乳化剤のことです
 
とてもやさしい成分だけを利用していますので、良く知られているデオドラント製品と見比べてみても安全性は差がありません。
浸み出るほどの手汗に苦しんでいる人や、
人の前に出ると手汗が止まらないなど日頃の生活に悪影響が出るようなケースでは多少無理してでも使用していいでしょう。
 
ただ手荒れをしている人や、怪我している時には使うことができませんのでお気を付けください。
 

まとめ

デトランスαはこのように安全な成分を使っていました。
デトランスαは手汗に悩む人にとっては心強い味方となる制汗剤です。
気になる方はぜひ一度お試ししてみたらいかがっでしょうか