デトランスαが効かない( ;∀;) もうどうすればいいの・・・

 
デトランスαは全デオドラント製品の中で際立って高い塩化アルミニウム濃度を誇っているデオドラント製品です。
 
日本国内の薬事法上の取り決めでは濃度は13%に対し、外国製であるデトランスαはそれまでの濃度を倍近くオーバーする25% わかりやすく言うと、「デトランスαが効かない」となると、
 
 
もうすでにその他のデオドラント製品は利用したからと言って意味の無いことが誰の目にも明らかにおり、残す手立てとしては手術だけになってしまうのです。
 
 

 デトランスαが効かなくなった原因

デトランスα 頭に思い浮かぶ理由としては次にあげるようなことが想定されます。
  1. いかなる時もデトランスαを利用していた
  2.  1日1回以上デトランスαを使っていた
  3. 現在まで3本以上デトランスαを利用している
デトランスαは紹介の通り、デオドラント製品の中でとりわけ塩化アルミニウム濃度が高いデオドラント製品です。しかしながら、塩化アルミニウムそのものが「肌に良いもの」ではなく、と言う以上に肌に悪いものです。
 
 
 
「高い効き目」と「安全性」は付随して得ることが出来ないというのは医薬界の当たり前ですが、デトランスαはまさしくその典型なのです。 デトランスαはいたるところで利用するものとは異なります。
 
 
 
手汗用のデオドラント製品は連日役立てるものと、「ここぞ!」というときに活用するものと、2つ入手しておくのが普通です。 そしてデトランスαがその内の後者。詰まるところ、常日頃から活用するものではないということを意味します。
 
 
 
塩化アルミニウムとは、お肌表面のたんぱく質を凝固させ汗腺を封じ込める制汗成分なのです。そんなわけですから、肌が神経質な方の場合、直ぐに肌荒れを引き起こしたり、ひどいカサつきがもたらされることになります。
 
 
 
「肌が強い」と主張していてもある程度経過した頃効き目が無くなっていくのは、代謝サイクルがアンバランスになり肌が弱々しい人と変わらないくらいかそれ以下の肌の状態が発症していってしまうからです。
 
 
 
デトランスαや塩化アルミニウム溶液の制汗療法をオススメせず、これ以外の制汗成分や安全性が見事なデオドラント製品を呼びかけているのはそのためです。 スタート時からデトランスαが効かないという方はまだいい方のですが、デトランスαの制汗力に頼りすぎて、クセになってしまうとこのようなことになってしまうのです。
 
 
 

対処法

これから先の対処方法としては、差し当たって何も肌に塗布しない時間を作ってください。
 
 
 
代謝活動のサイクルは約35~50日が一般的であるため、その期間中は塩化アルミニウムは当然ですが、
その他のデオドラント製品も利用しないこと。
 
 
そのあとは、先ほども説明したように、2種類のデオドラント製品を常備して対策を図っていくことが重要ではないでしょうか。